[2017年VISA情報]ケニア/ナイロビでエチオピアビザを取得する方法◎

こんばんわ!本日、アフリカ北上陸路組にとって頭を悩ます「エチオピアビザ」をケニアで取得したので、その流れをお伝えします!

Sponsored Link

 

記事の前に、今日もワンポチお願いします♡

画面が切り替わって読み込み完了したらOKです!

 👇👇👇

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 👆👆👆

アフリカを北上すると決めた時から悩んでいたことがありまして。

それが、

エチオピアビザをどこで取るか。

陸路でのアフリカ南下組はエジプト・スーダンで取れるらしいのですが、北上組はケニアで取れないと噂に聞いていました。

故に、必然的にケニア – エチオピア間は空路となるのですが(飛行機使えばアディスアベバ空港でアライバルビザが簡単にゲットできるらしい。)、エチオピア南部にある「少数民族エリア」へ行きたい私は、アディスアベバまで行っちゃうと、そこから下ってまた上へ戻るという、と〜〜〜っても無駄な移動をすることになります。

理想のルートはこんな感じ👇

ということで、行って参りました!

エチオピア大使館!

その前に、まずは日本大使館へ。

ビザ申請には、日本大使館からの

「レター」

なるものが必要となります。

レターとは、

「我が日本国籍を有する○×が貴国滞在の査証取得を希望していることをお知らせいたします。」的なことが書かれた紹介状のこと。

これがないと申請できません。

日本大使館へは滞在している場所から近かったので、9時ごろ徒歩で向かいました!

Japanese Embassy in Nairobi, Kenya
◎住所:Mara Road, Upper Hill, P.O. Box 60202, 00200 Nairobi, Kenya

◎電話:(+254) (20) 289 8000

◎開館時間:Mon-Fri: 08:00-12:30 and 13:30-16:30

場所は地図上のオレンジポチ👇

maps me:Embassy of Japa

大使館入り口前にて、荷物・身体検査。

その後、中の受付で電気機器を預け(携帯は電源を切るよう言われます。)、再度荷物・身体検査。

カバンの中身は隅から隅まで見られました。

というか担当のお姉さんが「これは何?これは?♫」と見たことないものを楽しそうに物色してる感じ?

私が持っていた折り畳み傘が大層気に入ったようで「これは?✨え!傘なの?面白い形してるのね!!」と喜んでました☺️

全然普通の折り畳み傘なんだけどね。

ここをクリアして、やっと中の中の受付にたどり着きます。

とっても厳重だ。

最初に出てきた外人のおばさまに「エチオピア・スーダンビザを取得したいので、2カ国分のレターをください。」とお願いすると、申し込み用紙を2枚渡され記入・提出すると、今度は日本人のお姉さんが登場。

「明日の9時以降に取りに来てください〜」で終了!午前中に行けば午後にはできるのかと思ったけど、翌日でした☺️

翌日10時に無事2カ国分のレターゲット!

ありがとうございました\(^o^)/

その足で、エチオピア大使館へ。

Ethiopian Embassy in Nairobi, Kenya
◎住所:State House Avenue, P.O. Box 45198 GPO, Nairobi, Kenya

◎電話:(+254) 20 273 2052

◎Email:info@ethioembnairobi.org

◎開館時間:Mon-Fri: 09:00-12:00 and 14:00-17:30

場所はさっきの地図の緑ポチ👇

maps me:Embassy of Ethiopia

大使館まで行く道が地味な上り坂で。

DSCN1811

意外と辛かったよ。看板が見えてくるので、そこを右へ。

DSCN1812

途中おっかわなお花達が☺️

DSCN1813

DSCN1815

しばらくすると、入り口へ到着。

DSCN1817

ここでも、荷物・身体検査。

さっと終えたら、荷物は必要書類以外全て預けます。

パスポート・レターを持っていざ中へ!

すると、担当のおじちゃんから「書類を持って別館へ行ってきて。」と。

『別館?なんで?てかそれどこ?』

別館は裏側にあるそうで謎のまま建物の反対側へ。

最初に見た看板のところを右へ曲がり次の角を更に右へ入りまっすぐ行くとこんな👇門が見えてきます。

DSCN1819

エンバシーって書いてある表札が小さくて通り過ぎそうになっちゃったよ。笑

ここでも荷物検後、必要書類以外預け中へ。

2Fのお偉いさんがいる部屋へ通されます。

ここで、Kefelegnさんという大臣相談役の男性と面会。

『こんにちわ〜!エチオピアビザの申請に来たのですが☺️』

「君は日本人?か☺️ようこそ!エチオピアへは何しに?今までに行ったことはある?」

『観光です。乗り換えでしかないです〜☺️』

「そうかそうか!楽しんでね〜」

と、渡してあった日本大使館のレターにサインを書いてくれて返却・終了。

このサインが必要のようです。

その後ついでにエチオピアへ行く安全なバスを聞くと、

Moyale Starていうバス会社がいいよって教えてくれました👍

ちなみに国境のMoyaleまでは2000シリングで、朝のバスに乗れば翌朝に到着するとのこと。

間違っても夜間には乗らないこと!と何度も言われました。危ないのね。了解です。

そのあと少し雑談し、元の棟へ戻ります。

入り口のお姉さんが「受付12時までだから早く戻ったほうがいいわよ!」と教えてくれたのですが、この時すでに11:45。ちょっと話しすぎちゃったな☺️

ダッシュで戻り再度中の受付へ。

さっき担当してくれたおじちゃんから申し込み用紙を渡され、記入後隣の部屋にいるお姉さんに渡してと言われるも、姉さん超忙しそうかつ機嫌悪め。

しかも午前中の営業はすでに終わってる時間。

前の人が終わり必要書類を提出

..したのですが、受け取るなり

「はぁ。」

とため息。

もう力尽きたのかな。笑

「午後もう一度来て。14時からだから。」

と、受け取ってもらえませんでした( ^ω^ )

大使館へは早めに行くことをお勧めします( ^ω^ )

14時まではおみやげ屋さんを物色。

14時に再度向かうも、なかなか忙しい姉さん。

待つこと1時間。私の番が来るも、申し込み書に不備あり。

申し込み書ですが、エチオピアに滞在する際に連絡のつく現地人の住所・名前・電話番号を記入する欄があるのですが、適当に実在するホテルの住所・番号を書き、名前は適当なエチオピア人の下の名前しか書いてなかったら「苗字は?この人は知り合い?この番号はこの人の?」と聞かれちゃいました。下調べ不足です。苗字も書かないと色々聞かれて面倒なので、ちゃんと調べましょうね。

「名前ちゃんと聞いてきて。番号も再度確認してまた明日来て。あと、ビザ代は指定の銀行で振り込んできなさいね。」と、また受け取ってもらえませんでした( ^ω^ )

『え!今日受け付けてくれないの?私明日にはビザ必要なの!今から振り込み行って戻ってくるから!』

「銀行は16時までだから間に合わないわ(この時15時過ぎ。)。9時営業開始だからまた明日来なさい。」

おやおや。二回も上り坂登って来たのに追い返すのですか( ^ω^ )

『明日来て明日中にビザもらえるの?どのくらい時間かかる?』

「..はぁ。

明日の混みようによるわ。早く来て混んでなければ1時間か2時間でできるから。」

と、結局受け付けてもらえませんでした。

再度言いますが、大使館へは早めに行きましょう( ^ω^ )

この日は諦め、とりあえずビザ代を振り込みに銀行へ。

警備のお姉さんに一番近い銀行場所を教えてもらい、急ぎ足で向かいました。

場所はこちらの青ポチ👇

AONというビル内の2Fにあります。ちょっと分かりにくいので警備の人に聞くと教えてくれますよ♫

DSCN1821

振り込み用紙に大使館の情報を記入👇

DSCN1820

ビザ代ですが、1ヶ月ビザは$40・3ヶ月ビザ$60で、1ヶ月だとギリギリになっちゃうかなと思い、3ヶ月ビザ分$60を振り込みました。

ちなみにケニアシリングにて支払い。

◎ビザ代 

 ▶︎60USD ≒ 6305Ksh (2017/6/7)

翌日。

書類の不備を直し、9時に向かい再度大使館へ。

期間を2ヶ月に変更してもらい、やっと受理してもらえました!

そこから待つこと1時間。

3ヶ月ビザを無事にゲット(((o(*゚▽゚*)o)))

やったーやったーこれでエチオピアへ陸路で入れます♫

昨日の全然やる気なかった感じはなんだったんだろう。

お昼後は疲れちゃってるからかな。

朝一はさくさく対応してくれますよ😎

 

*********************

◆エチオピアビザ申請に必要なもの◆

・パスポート(原本とコピー)

 ※コピーはA4サイズの紙じゃないとダメと言われ、大使館内でコピーしました。(20シリング)

・日本大使館からのレター

・顔写真1枚

・ビザ申し込み書:大使館内でもらえます

・ビザ代:cba銀行にて$60(約6600円)振り込み

*********************

 

その後、スーダン大使館へ向かうも..。予想外の展開が..。

 

 

続きはまた!

ブログランキングに参加中!

今日も👇いいねのワンクリックお願いします♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Sponsored Link