タイからカンボジアまでバスで国境越え

スラマッパギ!マレー語でこんにちわ!サリです。

だいぶ更新が空いてしまいました。

リアルタイムは既にマレーシアです!

カンボジアのネット環境が良く無くて😭

WIFI全然繋がらないんですよ…

 

ということで前回の続きです!

◆バンコクからシェムリアップへバス移動◆

◇Move from Bangkok to Siem Reap by Direct Bus◇

さて。タイ最終日は、

夜行列車バンコク入りし、

予防接種を打ち、

カンボジア行きのチケットを購入後、

最後の市内観光をしました😎

翌朝。

ホステル最寄駅『Sam Yan駅』からバスステーション近くの『Kamphaeng Phet駅』まで行き(42バーツ)、そこからタクシーでバス停まで行く予定が全然タクシーが捕まらず。

バイクタクシーで送ってもらいました。

私の20Kgもある大きい荷物は運ちゃんと私の間に乗せて。

日本じゃ考えられないですよね。

お値段40バーツ

安く済みました♡

早速昨日言われた通り、106番ゲートへ。

着いたら既に沢山の人がバスを待っていました。

早速バスに乗り込みます!

9時ちょっと過ぎに出発。

出発するとお菓子・ジュース・コーヒーが配られました。

お邪魔しましたタイ!

走ること3時間?くらい?

タイ側国境の町『アランヤプラテート』でランチタイム。

チャーハン♡美味しかった♡

P6102335

それと一枚の用紙が配られました。

P6102333

カンボジアアライバルビザ申請の用紙です。

ビザ申請費用:1400バーツ

これを素直に記入して、代金と一緒に提出。

ここでダメポイント①

カンボジアの入国ゲート前にて自力でビザを申請すると1100バーツで済む。

と後々ポーランドのおじ様が教えてくれました。

(こちらのおじ様とは翌日偶然の再会を重ねます😎)

マジで!そうなの!

何の躊躇も無く支払いました😭

300バーツ上乗せです。

さらにダメポイント②

タイ側の出国ゲート付近でカンボジアの入国カードを書いてくれた道端のお兄さん。

入国カード代:100バーツ

実はこれ支払わなくてもカンボジアの入国ゲートでゲットできる紙です!

いらない!頼んでない!ってゆっても

これないと入れないよ?

本当は300バーツだけど100バーツでいいよ!

と。

というわけで計400バーツも多く支払いました。

やってしまった😱

他にも書いてもらっていた人たちに聞いてみたら200バーツずつ払ったとのこと。

みんなで反省しました…

 

タイからカンボジアへバスで行く予定のあるみなさま

タイの出国ゲート付近で声かけてくる人は全無視し、

出国ゲートへ直進しましょう。

少しでも振り返り応答すると速攻カンボジア入国カードを記入されお金を請求されますので。

またアライバルビザは自力でカンボジア入国ゲート前で取れます。

面倒ならバスの係員の指示に従ってもいいと思いますが、

正規の値段で取りたい場合は、バス内で配られた紙は受け取らず

カンボジア入国ゲート前でビザを申請しましょう。

 

下調べが足りませんでした…

ヒトさんにぼったくられないようにと言われていたのに。ははは

 

100バーツを支払った後、タイ出国ゲートへ。

外国人は2階へと案内されていましたが、

2階封鎖されていて1階で手続きでした。

タイ出国完了。

 

気持ちを切り替えて

2カ国目!カンボジア!

入りました〜\(^o^)/

陸路での国境越えは初なのでドキドキでしたが、

すんなり入国。

あっさりぼったくられましたが…😭

入国スタンプを押してもらい、バスへ戻ります。

ちなみにバスは入国ゲートの少し後ろで待機してますので、戻りましょう。

いざ!目的地!シェムリアップへ!

この青い服着たお兄さん👇

バスの乗務員さんです。

カンボジアへ入った途端、制服から私服に着替えて座席を目一杯倒してポテチタイムです。

タイを出たら仕事終了なんですかね。笑

切り替え度が激しくて、ガン見してしまいました。

走ることさらに4時間?

P6102347

無事にシェムリアップに到着!

なんだか色々ありましたが、

たどり着けてよかったです。笑

バス会社のオフィスからホステルまではトゥクトゥクで2ドル

明日はこのトゥクトゥクのお兄さんと遺跡巡りです!

シェムリアップでの滞在場所はこちら👇

【Funky Flash】

▶︎$6 ≒ 640円/1泊 男女ミックス18人部屋

パリピが沢山なホステルです😎

 

そういえば同じバスで素敵な出会いがありました♡

また後日!

 

ブログランキングに参加しています!

いいね!のワンクリックお願いします♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ