キガリ①23年前に起きたルワンダ虐殺が残酷すぎる。

こんばんわ!リアルタイムはロンドンからクロアチアのドブロヴニクへ飛んで参りました✈️

Sponsored Link

 

ついに来ちゃいました『魔女の宅急便』の街♡

最近行きたい場所へ行っても思ったよりテンションが上がらないという事態に陥っていたのですが、

ここは!

鳥肌もん!

本当に絶景\(^o^)/

久しぶりにウキウキワクワクで写真撮影してました♡

 

記事の前に、今日もワンポチお願いします♡

画面が切り替わって読み込み完了したらOKです!

 👇👇👇

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 👆👆👆

【2017/5/30: 世界一周377日目】

キガリ1日観光

◇One day at Kigali/Rwanda

ルワンダ国境にてビニール問題を突破し、首都のキガリへやってきた我々。

この赤ポチがキガリ。

にしてもルワンダ小さいですね。

 

皆さんは23年前に起きたルワンダ虐殺をご存知でしょうか。

 

ルワンダ虐殺とは、

ルワンダ虐殺(ルワンダぎゃくさつ、英語: Rwandan Genocide)とは、1994年ルワンダで発生したジェノサイド(特定の人種や民族を抹消するための暴力的な殺戮行為)である。1994年4月6日に発生した、ルワンダのジュベナール・ハビャリマナ大統領とブルンジシプリアン・ンタリャミラ大統領の暗殺からルワンダ愛国戦線 (RPF) が同国を制圧するまでの約100日間に、フツ系の政府とそれに同調するフツ過激派によって、多数のツチとフツ穏健派が殺害された[1]。正確な犠牲者数は明らかとなっていないが、およそ50万人から100万人の間[2]、すなわちルワンダ全国民の10%から20%の間と推測されている。

wikiさんより

 

ルワンダはベルギーの植民地となっていた国で、植民地時代に「顔の形・鼻の高さ・額の広さ・肌の色」など外見で、「ツチ族(人口の15%)」と「フツ族(人口の80%)」とに勝手に分けられました。

土地は痩せていて遊牧には向いていても農耕には不向きで、農耕を主とするフツ族より遊牧を主とするツチ族の方が若干豊かだったため、年々経済的な差が政事的にも反映してゆき、裕福なツチ族はルワンダの内部でも重要な地位を占めるようになっていきました。

そして。

1994年。

チーちゃんが生まれた年だね。

この年にフツ族であったルワンダの大統領が乗った飛行機が何者かによるミサイルを受け撃墜・死亡しました。

暗殺の犯人が特定できていなかったため、ラジオでは連日ツチ族を責めたてる報道がされていました。

なぜなら多数派のフツ族が少数派で裕福だったツチ族に対し憎悪感を抱いていき、大統領暗殺によりそれが爆発。

 

“ツチ族による暗殺だ”

 

と翌日からツチ族を虐殺し始めたそうです。

 

なんか遠い昔に起きた事件みたいですが、23年前のことなんです。

ほんとつい最近ですよね。

 

今日は、そんな当時のことをずっと忘れないためにと作られた『キガリ虐殺記念館』へ行ってきました。

DSCN1438

遠くに見える市内。なかなか栄えてます。

DSCN1441

宿から歩いて50分ほどで到着。

 

Kigali Genocide Memorial

◎住所:KG 14 Ave, Kigali, Rwanda

◎開館時間:08:00-16:00

◎入場料:無料

入り口で荷物検査をし、中へ。

DSCN1442

中の写真撮影は禁止です。

DSCN1444

DSCN1443

記念館には、当時の写真と共にルワンダ語・英語の解説がついていました。

写真が本当にぐろくて…。

 

昨日まで仲良しだったお隣さんが今日は襲いかかってくる。

後継者を残さないため、女性・子どもから殺害。

抵抗できないようにと、先に足を切り落とす。

子供は母親の手で殺させた。

また殺害に使われたのは主にナタ。

 

ナタって..。

 

最初から最後までずっとずっと重たい内容で。

泣いている学生さんもちらほらいました。

 

記念館を後にして向かったのは、

DSCN1445

DSCN1456

高級ホテル『ホテルミルコリンズ』

DSCN1458

『ホテル・ルワンダ』という当時のことを描いた映画の舞台となったのがこちらのホテル。

DSCN1460

セキュリティチェックを受け、中へ。

DSCN1469

当時のホテル副支配人が、ツチ族・フツ族をホテルにかくまい1200人以上の命を救ったそうです。

そんなことがあったなんて全く感じられないホテル内。

DSCN1461

DSCN1463

とっても綺麗でした。

DSCN1464

歩きすぎて辛すぎて重すぎて、ホテルのwifiを拝借して小休憩。

DSCN1466

フツ族だった副支配人。

ツチ族をかばった人も殺されたので、そんな中多くの人を救った副支配人さんほんとすごいですよね。

DSCN1467

DSCN1468

DSCN1471

急に未来を奪われた人がたくさんいて。

 

残された人は必死に今を生きていて。

 

こんなに酷い事件ですが起きたのは23年前。

たった23年ですよ。

 

昨日今日しか滞在してませんが、出会った人はみんな優しかったし、街も綺麗でとてもいい印象のルワンダ。

 

だから本当にこの街で虐殺があったのかと思うと、

..心が痛いです。

 

重たい記事を書くとき、

どうしてもなかなか進まなくて。

 

気持ちがどっと落ちちゃうんです。

かつ文才に欠けているので、うまく説明できず…。

 

ただ、23年前にこんなに酷い事件があったこと。

それだけはお伝えできたかな。

 

『ホテル・ルワンダ🎥』見ないと。

 

続きはまた!

ブログランキングに参加中!

今日も👇いいねのワンクリックお願いします♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

Sponsored Link