厄介な客とは私です。無銭観光御免。

オラ!リアルタイムはチリの首都サンチャゴへバスで24時間かけて来ました。今までで最長の移動時間。それでもチリの半分くらいです。チリ細長いす。

記事の前に、今日もワンポチお願いします♡

 👇👇👇

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

 👆👆👆

旅記事の続き。

【2016/9/25 : 世界一周130日目】

◆アルゼンチン/タランパヤ国立公園へ◆

◇Visit to the Talampaya National Park/Argentina◇

5時半に起床。の予定が寝坊しちゃって6時に起床。

6時出発の予定だったので、10分で支度して出発。

タクシーでバス停へ。

7時発のバスに乗り込みます。

まだまだ暗いですが、

朝日見れました😎

p9251521

昨日は寝るの遅くなっちゃったので、バスに乗ったらすぐに爆睡。

起きたら素敵景色が♡

なーんにもありません。一本道。最高です。

走ること3時間半。こんな道路のど真ん中で下ろされます。

バス停なんてなくて、国立公園の入り口前です。帰りのバスは4時。ちゃんとバスがくるのか心配ですが、なんとかなるでしょう。

人っ子一人いない中、公園内へ。

Talampaya National Park

タランパヤ国立公園は、ラ・リオハ州の中西部に位置する国立公園である。公園の総面積は2,150km²であり、東西をSierra de Sañagasta山脈とCerro Los Colorados山脈に挟まれた、標高約1500mの盆地が広がる。砂漠気候に属するために気温の日較差が激しく、雨季である夏には降水量が多くなる。本公園内では古生物学的・考古学的に重要な発見が数多くなされ、それら記念物の保護のために本公園が設定された(1975年に州立公園として設定、1997年に国立公園に昇格)。優れた景観を有し、山岳地帯に典型的な植物相・動物相を有する。本公園はイスチグアラスト州立公園と併せて、2000年にユネスコの世界遺産に登録された。

wikiさんより

p9251535

とりあえず、辿り着けてよかった。バスで行けるとは言いつつも本当にたどり着けるのか不安だったんですよね。イマイチ運転手さんとも通じ合えてなかったから😎

最強に暑い中、てくてく歩いて入口へ。

入場料:150ペソ(約1050円) ←支払いは園内です。

p9251538

園内入り口には数台の観光バスが。どこから来てるんだろう。ラリオハからではなさそう。

入場チケット売り場。

p9251660

さぁさぁ。ここで大事件です!

入場チケットのカウンターにて。

私:オラ😃!一枚お願いします!

カウンターのお兄さん:バスのツアーでいいですか?入場料が150ペソでツアーは450ペソなので、合計600ペソ(約4200円)です。

※お兄さんはスペイン語しか話せないので、雰囲気のみで会話してます。

え!そんなにするのか。まぁしょうがないか。と思いながら、

カードでお願いします。

NO。カードは使えません。現金のみです。

…。え?

その時の所持金500ペソちょっと。足りないじゃん(´・_・`)

※昨日ラリオハでATMを巡り結局下ろせたのは1000ペソのみ。+次の行き先のチケット代を支払っちゃったので、現金が500ちょっとしかなかったのです。

所持金をすべて出し、

うーんと、現金これしかなくて…ATMはあります?

NO(半笑い) ←こいつ何言ってんだ?的な感じです。

おーーーーーけい。そしたらバスツアーじゃなくて徒歩ならお金かかりませんよね?

そうですね。徒歩でのツアーは隣の部屋になるので、そちらへどうぞ。

なんだ。行けんのか。OKOK。

そっち行ってみます!ありがとう!

と答え、隣のお部屋へ行くも、誰もいなくてドアすら開いてなく。

キョロキョロしてたら通りがかりのおじちゃんが声かけてくれて。

スペイン語のため全然わからなかったけど、係りの人が戻ってくるのは1時だよ!って言っている模様。

1時って!今10時半ですけど!どんだけ戻ってこないの!

とりあえず、こっちの受付で聞いてみな?

と手招きされ、さっき尋ねたカウンターへ再び戻ります。

私:隣のお部屋開いてなかった。どうしよう?

カウンターのお兄さん:あ〜。もうツアー出ちゃったのか。こちらのツアーだと、合計600ペソになります。

わかってます。聞きましたよ。現金足りないんですよ。

近くにATMはないです?

一番近くて60km先にあります。苦笑

いやいや無理でしょ!こっちまで笑っちゃったよ。

あのね。私500ペソしかないんです。どうにかなりません?

NO〜〜600ペソです。次の徒歩のツアーは1時からなので、そちらでどうですか?

それって終わるの何時です?

3時間はかかりますね。

そしたら終わるの4時ですよね。私の帰りのバスが、4時なんです。だから間に合わなくなっちゃう…。

う〜ん。バスツアーはもう出発するので、乗るなら600ペソになります。

うん。分かってるよ。あのね。お金足りないんだよ。

後ろに並んでいたおじさまが私がいくらかわかってないと思ったみたいで、一生懸命600ペソだよ!って教えてくれて。

うんうん。分かってるの。現金が足りてないのよ。

さてと。どうするかな。

現金持ってない私が悪いけど、ここまで来てむしろわざわざこの公園に来るために寄り道したのに、入れないで帰るなんてありえない!

ということで、私の取った行動は、

粘る!笑

お兄さんに英語は通じないけど、とにかく英語で熱意をアピール。

この公園に来るために日本からわざわざ来たんです!お金足りないのはわかってます!でも、どうにかなりません?

う〜んとね。バスもう出ちゃうから。600ペソです。

見てみて。私500ペソしか持ってないんです。カードならあるよ?このために来たんです。1時からのツアーだと帰りのバス間に合わないの。1人で回っちゃダメなんです?

それはできないですね。何かしらツアーでないと中には入れないです。

そしたら他に方法はありません?

…。

…。…。

沈黙の戦いです。

日本だったら諦めてたかも。でも日本の真裏まで来て、折れるわけにはいきません。

完全に私のリサーチ不足のせいなんですけどね。

そしたらお兄さん。

わかりました。ミニバスツアーでいいですね?入場料だけで大丈夫です。パスポートを見せてください。

まじで!え?本当に?

150ペソね。すぐに出発するからあのバスに乗ってね。

*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

と。ツアー代はタダにしてくれました。

申し訳ない気持ちがどわーーーーっと押し寄せてきましたが、ここは甘えます。

グラシアーーーースヽ(;▽;)ノ

お兄さん本当にありがとう。めんどくさい日本人でゴメンなさい。

早速ミニバスへ。満員です。

乗れてよかったという気持ちと共に、罪悪感でいっぱい。こんなに現金主義だなんて。

でも、素敵景色で速攻ワクワク感でいっぱいに😎

p9251543

あ〜すでに絶景。同じような写真ばっかりですが、悪しからず。

どうですかこの絶壁!

すごいでしょう!

こういう場所大好きなんですよね。

p9251552

楽しすぎます。

同じバスの皆さん。

p9251554

運転手さんがガイドしてくれるのですが、スペイン語で一切わからず。

石に先住民が書いたとされる絵があるみたいで。

肉眼ではよくわかりませんでした。

すごいな〜壮大だな〜〜にしても暑い。

大好きな岩もごろごろしてて。いい感じでした😎

リャマの絵とか、

p9251558

鳥さんとか、

リャマ。

p9251564

お天気さんさんです。

p9251569

たくさんの穴ぼこも。カッパドキアでもこういうの見たな。

p9251576

さらに進むと、絶壁が。

p9251577

壮大です。

頭上では鳥さんたちが、楽しそうに飛んでました。

単眼の力。

美しいです。

高さは140mもあるそうで、真下からツアー参加者全員で叫びます。すると、やまびこが!数回繰り返して最後には4回くらい繰り返しやまびこしてました。面白い。

そんな中、休憩がてら軽食タイム。

お金払ってないけど、美味しくいただきました。ごちです。

にしても、絶景です。

何層にもなっているんです。すごいです。

軽食で気に入ったのが、このグミみたいな甘い食べ物。

参加者のおばちゃんが、メンブリーニョっていうフルーツよ!って教えてくれて。超美味しかった♡

途中からは、オープンカーです。

気持ちよかったなん。

どこもかしこも絶壁で。大自然です。

ガイドさんはみんなにスペイン語で説明した後、私だけにゆっくりなスペイン語でさらに説明してくれて。全然わかんないけど気持ちは伝わりました。ありがとう。

はぁ素敵すぎる。

絶景ですよね?

壮大ですよね?

でも超暑いです。

アジア人が1人もいなかったので、穴場なのでしょうか。

ツアーは、約2時間半で終了。

これ歩いてたらへとへとだったわ。

お兄さんに大感謝しないと。

大満足のツアーでした。バスで入り口まで戻ります。帰りの道も素敵です。

ガイドさんにお礼を言い、帰りのバスまで休憩です。

入り口付近には恐竜館もあって。

ここタランパヤ国立公園は、恐竜や哺乳類・爬虫類の化石が多く発見された場所でもあるんです。

p9251657

p9251651

p9251652

 

p9251654

p9251655

p9251656

いろいろあったけど、大満足な1日。

p9251664

園外の入り口へ。

p9251665

来る人はほぼ車なので、なんで歩きなのか不思議な目で見られます。

p9251666

バスの時間が不安だったので、30分前には園外の入り口付近へ。

p9251667

ドライブしがいのある一本道。

p9251668

暑すぎるので木下のベンチで待機。影はここしかありません。

p9251671

p9251672

そしたらもう一人お兄さんも来て、ラリオハへ戻るとのこと。よかった1人じゃないなら大丈夫と思っていた矢先、バス登場!

p9251675

よかったちゃんと来た😎

p9251676

帰りも150ペソ(約1050円)

p9251677

p9251687

車内は残り1席しか空いてなくて、お兄さんは階段に座ってラリオハまで。

p9251678

途中おトイレ休憩。

p9251685

p9251680

p9251682

こんな普通の場所でさえ美しいです。

p9251683

約4時間でラリオハへ到着。

そのまま次のバスが来るまで少しバス停で待機して次の目的地まで向かいます!

21時半のバスに乗り込むと、車内食が。

p9251689

夜のバス停にも人はたくさんで、バスも入ったり出たり。

p9251690

走ること、10時間。朝焼けと共に起床。

p9261691

次の目的地サルタに到着です!

続きはまた😎

 

ブログランキングに参加中!

現在30位?

今日も👇いいねのワンクリックお願いします♡

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ